牡蠣エキスの効果・効能 | 精力剤・滋養強壮剤の原料

牡蠣は昔から「海のミルク」と言われるほど、豊富で様々な栄養素を含んでいます。

食用としての歴史は古く、古代ローマ時代までさかのぼることができます。

また牡蠣を好む歴史上の著名人・有名人は多く、ナポレオン、バルザック、ビスマルクなども愛好家であったようです。

しかし牡蠣は貝毒や細菌やウィルスによって食中毒を引き起こすことでも有名で、牡蠣の栄養成分を抽出し安心して摂取できるようにしたのが牡蠣エキスです。

それでは、英雄も愛した牡蠣エキスを紹介していきます。

牡蠣エキスに含まれる成分

牡蠣エキスに含まれる成分

牡蠣エキスには以下の成分が含まれています。

  • 18種類のアミノ酸
  • 4種類のミネラル
  • 10種類のビタミン
  • タウリン
  • グリコーゲン

アミノ酸としてロイシン、イソロイシン、バリン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、リジン、ヒスチジン、タウリン、アスパラギン酸、アルギニン、チロシン、アラニン、プロリン、セリン、グリシン、システイン、グルタミン酸で、身体で作られない必須アミノ酸9種類全てが含まれています。

ビタミン類は、ビタミンA・B1・B2・B6・B12・C・ビオチン・コリン・イノシトール・葉酸、ミネラルは亜鉛、鉄、カルシウム、銅などが含まれています。

タウリンはリポビタンDをはじめ、多くのスタミナドリンクに配合されている成分です。

グリコーゲンはブドウ糖を体内に貯蔵しやすい形にしたものであり、急激な運動をする際のエネルギー源になります。

牡蠣エキスの効果と効能

牡蠣エキスの特徴的な栄養素はミネラルの亜鉛、そしてタウリンが豊富なことです。

牡蠣エキスの亜鉛は精子を生成するのに必要なミネラルで、摂取することで自然と精力アップにつながります。

逆に亜鉛が欠乏すると生殖障害や精子異常や、舌の表面にある細胞の新陳代謝が促進されず味覚障害が見られる報告が日本の民間企業から報告されています。

牡蠣エキスに含まれるタウリンは神経機能の向上としてフィンランドのテンペラ大学から、免疫力向上効果がフランスのパリ大学から報告されています。

精力・滋養強壮に関する効果・効能

  • 造精機能向上
  • 精力アップ

その他の効果・効能

  • 味覚障害予防
  • 免疫力向上
  • 神経機能向上

牡蠣エキスの副作用と注意点

牡蠣エキスのサプリメントの適用を守って摂取する分には副作用はないと思います。

重篤な副作用は国立健康栄養研究所からも報告されていません。

牡蠣エキスを原料に使用した精力剤や滋養強壮剤

牡蠣エキスを原料に使用したおすすめの精力剤や滋養強壮剤をご紹介しています。

  • マカ&クラチャイダム12000
  • ゼファルリン
  • 海乳EX

牡蠣エキスの効果・効能まとめ

牡蠣エキスには「亜鉛」や「タウリン」など 精力アップに大切な成分が豊富に含まれていています。精力剤や滋養強壮剤でも多く使用されていますが、日常の食卓でも「牡蠣」を食べることで効果もアップするかもしれません。下記ページでも精力アップに効果のある食べ物をご紹介しているの参考にしてくださいね。