カイアポ芋(シモン芋)の効果・効能 | 精力剤・滋養強壮剤の原料

投稿日:2016年11月20日 更新日:

カイアポ芋はシモン芋や白甘藷、白さつまいも、南米芋など多くの呼び方がありますが、一般的には「カイアポ芋」または「シモン芋」と呼ばれています。

原産はブラジル・アマゾン川上流で自生し、そのルーツはインカ帝国の時代から食されていたといわれています。

利用法は主に「民間薬」として使われてきました。

カイアポ芋は、芋だけでなく葉や茎もミネラルやビタミンが多く含まれ、精力剤や滋養強壮剤の利用以外にも様々な効果が期待できます。

カイアポ芋(シモン芋)に含まれる成分

カイアポ芋は葉や形、栽培法などはサツマイモと似ていますが、栄養成分は全く違います。

サツマイモと比較するとカルシウムやカリウム、ビタミンCは数倍多く、精力・滋養強壮に効果のある亜鉛もたっぷり含まれています。

カイアポ芋の主な成分

  • CAF(酸可溶性糖タンパク)
  • βーカロチン
  • ナトリウム
  • ビタミンB10
  • カリウム
  • ビタミンB2
  • カルシウム
  • ビタミンB6
  • リン
  • ビタミンB12
  • 鉄分
  • ビタミンC
  • 亜鉛
  • ビタミンD1
  • レシチン
  • ビタミンE
  • ナイアシン
  • ビタミンK1
  • 葉緑素
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • マグネシウム
  • ポリフェノール
  • β-グルカン

これだけではありません。

葉や茎にはこんな栄養成分もあります。

  • タンパク質
  • ミネラル
  • 葉酸
  • ポリフェノール
  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • リン

これだけ栄養成分が多いと、やはり効果もズバ抜けています。

カイアポ芋(シモン芋)の効果と効能

カイアポ芋(シモン芋)の効果と効能

効果を調べるとやはり、ただ者ではないことがわかります。

どうやらイモ野郎ではないようです(笑)

精力・滋養強壮に関する効果・効能

  • 滋養強壮
  • 精子量と質の向上
  • 勃起力向上

亜鉛も多く含まれ、成分から見るとこのようになるわけですが…

カイアポ芋の精力アップに関する研究報告が見つからないのです。

見つけ次第ご報告したいと思います。

その他の効果・効能

そのほかの効果効能はスゴイです。

  • 白血病
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 貧血
  • アトピー
  • 肝臓疾患
  • 動脈硬化
  • 痴呆
  • アルツハイマー
  • 血液浄化
  • 白内障
  • 脳卒中
  • 紫斑病
  • 肝臓病
  • ガン予防
  • 腸内老廃物の除去
  • 肝臓病
  • 口内炎
  • 便秘
  • 肩こり
  • 神経痛
  • リューマチ
  • 肌トラブル
  • 皮下出血
  • 十二指腸潰瘍
  • ストレス解消…など

このように、多くの栄養成分が詰まったスーパーフードともいえるでしょう。

カイアポ芋(シモン芋)の研究報告例

精力に関する研究データは見つけられませんでしたが、他の研究報告はあります。

中でも、糖尿病に関する報告例は多くあるようです。

カイアポイモの糖尿病への「長期効果」確認の記事

参照URL:http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/288267.html

カイアポ芋の血糖改善効果

参照URL:http://www.fujisangyo-lab.com/kaiapo/data/index.html

カイアポ芋(シモン芋)の副作用と注意点

カイアポ芋(シモン芋)の副作用

カイアポ芋(シモン芋)には副作用は報告されていません。

芋なので、芋として食べて大丈夫です。

カイアポ芋(シモン芋)を使っている精力剤とサプリ

ボルテックス 販売終了

-精力剤・滋養強壮剤の原料や成分
-

Copyright© 精力剤や滋養強壮剤で精力アップする方法 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.